他社からカードローンの借り入れがある方でも審査に通る可能性はあります!

ある統計結果によると、一般的にカードローンを利用される方の半数以上は「既に他社から借入している」方だという話もあります。

お金を借りる人

または過去にキャッシングサービスを利用したことがある、と応える方もかなりの数いらっしゃることでしょう。

つまり、カードローンでお金を借りるという点においては、初めて借りる方よりも既にキャッシングを経験されている方のほうが多いということです。

しかし、業者側もバカではありませんので、どんな人でもお金を貸す訳ではありません。

では、例え他社から借入中でも融資を受けられる人とはどんな方なのでしょうか。具体的に解説していきます。

融資額が少ない

これはどちらにも当てはまります。

つまり、現在借入中の業者の融資額が少ない方は、新しく借り入れできる可能性は高いといえますし、今回、新しく借り入れしたい業者への希望融資額が少なければ少ないほど借り家できる可能性も高まるというわけです。

借りるお金が少なけば、それだけ返済期間も短くてすむ⇒貸し倒れのリスクは少ない、と業者側から判断されるので、借り入れできる可能性は高くなりますね。

返済能力がしっかりしていると認められる

当然ながら、現在、他社から借入中の方が、新規で別の業者からお金を借りようとすると、その業者は「個人信用情報機関」で申込者の融資履歴を調べます。

これはどんな人でも必ず行われる作業で、例え初めて借りる人でも個人信用情報機関で検索をかけられ、過去にキャッシングを利用したことがあるかどうかを調べるわけです。

そこでは過去のキャッシング履歴の一覧が出てくるだけでなく、返済履歴も全てチェックできるようになっています。

つまり、今現在、または過去に借りていたお金を、キチンと滞納することなく返済できているか、ここが融資を決めるポイントになるわけです。

今でも何回か滞納している方は問題外ですが、例えば過去に2,3回滞納したけど、結局すべて完済できた、このような人は業者側の判断で融資が決まるといっていいでしょう。

まあキチンと毎月返済できている方なら、新たに融資を希望したとしても借入できる可能性は高いといえます。

ただし例外もあります

上記のような方が一般的に、他社から借り入れがあっても融資が受けられる可能性が高いといえますが、中には例外もあります。

それは、いわゆる「借り換えローン」「おまとめローン」といわれる金融商品です。

借り換えローンやおまとめローンは、そもそも複数の業者からお金を借りている人を対象にした金融商品なので、初めてお金を借りる方には関係ないものです。

要は

  • 多重債務に陥って、もう返済がどうにもならない!
  • 少しでも毎月の支払い額を減らしてキチンと借金を完済したい!
  • 返済先を1社に絞って借金全体が今いくらあるのかちゃんと把握したい!

などの希望を持った方が利用するカードローンなので、上記のような条件はあまり関係ありません。

その代わり、新しく遊ぶためや生活費目的では借り換えやおまとめローンは利用できません。

あくまで今ある借金を一社にまとめて、借金完済を目指すための金融商品だということを覚えておいてください。

なお、大手の消費者金融や銀行カードローンのサイトにはよく「おまとめローンや借り換えローンにも利用できる」と書いてあります。

つまり基本的に用途は自由に使えるということです。

おまとめローン専用の金融商品は現在、さほど多くはありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ