大学2年のとき、金欠で本当に困っていました・・

コンパを楽しむ大学生

大学に進学して2年目の時、一応アルバイトはしていたものの、常にお金が足りなくて苦労していたことがあります。

せっかく苦労して入った大学でしたから

  1. ゼミの予定もあった
  2. サークル活動はしたい
  3. 友達とのコンパや飲み会も行きたい

でも肝心な手持ちのお金は少ししかない・・という状態だったので、ついに20歳を超えた頃、初めてカードローンを利用しようと考えはじめました。

銀行のローンを利用することも考えたのですが、審査に時間がかかることと、大学生でも大丈夫なのだろうか・・という心配もありました。

それより、大手消費者金融のほうが審査に通りやすいのではないかという気持ちもあったからです。

まあ、結果的にそう考えたのは正しかったようです。

すぐに借りられた大手消費者金融のカードローン

自分が利用していた銀行にもフリーローンはありましたが、窓口対応だったので、審査に手間と時間がかかることと、もし一度借りることができても、次に借りる時にはまた同じような手順を踏まなければならないのが面倒だなぁと思っていたので、候補からは外していました。

大手のカードローンを利用してみてわかったのですが、こんなに手軽に利用を始めることができ、なおかつ借りるのも近くのコンビニATMで引き出せばOKなので、すごく便利でした。

それに、一度利用できれば、融資限度額までなら何度でも利用することができます!

いつお金が足りなくなるかわからない生活をしていたので、いつでも借りることができるというのは個人的にはありがたかったです。

大学生のわたしでも審査に通りました

大学生でも借りれたカードローン

大学に進学して、一人暮らしになってすぐにお金に困るというのはどうなのかと自分では思ってしまいましたが、お金が足りないという現実があったので、何とかしなければなりません。

そこで、申し込んだ大手消費者金融のカードローンでしたが、実際審査に通過するまでは、本当に自分で大丈夫なのだろうか・・という不安は少なからずありました。

大学に入学して以来、ずっとアルバイトをしていたので、確かに収入はありましたが、わずかなものです。

それに、一応まだ学生ですし、年齢も20歳を超えたばかりだったので。。

そういった理由から、一時は学生専用ローンの利用も考えていましたが、いろいろと調べた結果、学生ローンは基本的にローンカードがないので(振込みによる融資)、いちいち借りるのに連絡をしなければいけません。

自分のようにいつでもコンビニとかのATMで気軽にお金をおろして使いたいという用途なら、学生専用ローンより一般的なカードローンの方が合ってると考えて大手消費者金融に申し込んだのです。

だた実際に、結果が出るまではかなり不安でしたが、なんとか無事に利用できるようになり、本当に助かりました!

カードローンを利用してみて改めてわかったお金の大切さ

大手消費者金融からお金を借りることができて、当面お金に困ることはなくなりました。

ですが、それは借りたお金があるからだと自分に言い聞かせ、それ以上の借入が増えないように毎日気を使うようになりました。

まさに、お金を借りてからお金の大切さを知ることができた気がしています。

ちょっと遅いかもしれませんがw

とにかく今、本当にお金に困っている方は一度、カードローンに申し込んでみるのもいいんじゃないかと思います。

特に自分のように、カードローンの利用がはじめてのような方は、アナタが思っているより、意外とアッサリと利用できるようになるかもしれません。

ただ、使いすぎにには注意してください(笑)

サブコンテンツ

このページの先頭へ