事故して新車に買い換えるので、車の頭金が必要になったのがキッカケ

自動車事故

大事にのっていた車をひょんなことでぶつけてしまいました(>_<)

しかも、少しぶつけたというよりは大破してしまい、私はただ呆然と立ちすくむしかありませんでした。。

ディーラーの話によると、修理代が100万円以上するということで(T_T)、結構気に入っていたのですが、泣く泣く諦め、新車を購入することにしたのでした。

私は車が好きで、ずっと外車に乗り続けていたので、今回もドイツ車にしました。

といってもベンツやBMW、ましてやポルシェなどの高級車ではなく、アウディの中古です(^^;

一応、前に乗っていたVWよりは少しランクアップしたので嬉しかったのですが、事故がキッカケで車を買い換えることになるとは思ってもみませんでした。。

いつか新しいクルマを買おうと思って、コツコツ貯めておいたお金があってホントによかったです。

たた、なんとか頭金は用意したものの、どうしても80万円ほど足りなかったので、それなりに急いでいたこともあり、カードローンを使おうと心に決めていました。

どこのカードローンに申し込めばいいのか全くわからない!?

何せ初めてカードローンというものを利用するので、取り敢えずネットで調べてみると、ザッと見つけた金融機関だけで20社前後もあることがわかりました。

一体、どこにしたらいいのか。。真剣に考えれば考えるほどわからなくなってしまいます(汗)

また、人気ランキングというものがカードローン会社でもあるのにはビックリしましたが、私でもよく知っている会社が上位にランキング入りしていたので、少し安心しました。

ランキングを眺めていると、比較するポイントは

  • 借入限度額
  • 金利
  • キャンペーン

であることは、すぐにわかりました。

私の場合、100万円以上の大金を借りるわけでもなく、今週中に間に合えばいいという緊急度も高くないことから、ランキング上位に掲載されている知名度の高い大手カードローン会社から選ぶことにしました。

スマホからカードローン会社に申し込みをしてみた

ひょっとしたら窓口に行って、どうしてお金を借りたいのかということをぐだぐだと説明しないといけないのかと考えていましたが(初めてだったので窓口に行く必要があるかなと思ってました 汗)、ネットで申し込むことができると知ったときは、本当にホッとしました。

選んだカードローン会社のサイトから書き込みフォームに必要事項を入力しました。

ちなみに、どんなことを求められるのかというと

  • 名前・生年月日・家族構成
  • 住所・電話番号
  • メールアドレス

という、私という人間の基本的な個人情報でした。

その次に求められたのは、私という人間が信用できるに足る人間かの見極めの事柄でした。

具体的には

  • 居住形態(自己所有か賃貸か)
  • 勤務先の情報(資本金や業種、従業員数など)
  • 役職・税込年収

という貸したお金の返済能力を確認するための個人情報を求められました。

それ以外にも、他社でローンを利用しているかどうかを問われました。

審査に申し込んだ後、会社に電話がありました

カードローン会社から電話確認

スマホから申し込んだ後、カードローン会社から電話がありました。

いわゆる在籍確認ってやつです。

わかってはいましたが、担当者(女性)が個人名で電話をかけてきたので、会社の同僚たちにはバレずに電話ができました。

在籍確認は簡単で、会社に電話して繋がればOK。

あとは、生年月日や携帯電話番号で本人であることなど基本的なことを聞かれて、在籍確認は終了です。

そして同時に、肝心の審査結果を聞かされ、見事合格!また、今回の融資で決まった借入限度額と金利についての通知がありました。

ここまでして、さすがに私もホッと一息つきました(*^^*)

もしここがダメだったら、次の融資先を探さなければと考えていたところでしたから。

そして、無事融資を受けた後は、自動車免許証の写真をスマホから送って、3日後にカードが手元に届きました。

わたしはその時期仕事が忙しかったので、無人契約機に行く時間がなく、ローンカードを郵送で送ってもらいましたが(独身で一人暮らしという理由もあり)、急いでいる方や家族などにバレたくない方は、審査通過後に無人契約機へ行けばカード発行が可能なローン会社もありますので、そういったところを選んで申し込むのもいいんじゃないかと思います!

サブコンテンツ

このページの先頭へ