同じサークルの先輩から急に誘われて・・・

あれは10年ほど前、私がまだ大学生のときでした。

ある日、同じサークルで知り合った先輩から食事の誘い受けました。

普段、それほど親密な関係でもない先輩から急な誘い・・・少し嫌な予感がしましたが、断るのも何かと面倒だと思い、とりあえず食事に出かけたのです。

そして、食事もそこそこに、先輩は今日の本題へと話を進めていきました。

話の内容は・・なんだかあまり良くわかりませんでしたが、とにかくあるビジネスを紹介されました。

ただ・・・やっぱりどう考えても少し怪しいかなと思ったんですが、よくよく先輩の話を聞いてみると、、、

  1. 一応無料でもできる
  2. ただ、最初からお金をかけたほうがいい
  3. もっといえば、やり方を教えてくれるスクールみたいなのに入った方が稼げるスピードが全然違う

という話でした。

ただ、ビジネスの内容は私も少し聞いたことがあるものだったので、詐欺とか騙されるとかという心配はありませんでした。

さすがに同じサークルの後輩を騙したら、先輩も大学に通えなくなってしまいますから(苦笑)

とりあえず、最近大学生活もマンネリ化していた私にとっては、とても興味深いものであったのは否めません。

ただ・・・そのビジネスを始めるに当たって、先輩が紹介してくれるスクールに入るためには初期投資が必要との事。

しかも、その費用がおよそ35万円なり(汗)

勿論、貧乏大学生であった私にはそのような蓄えはありません。

結局その時は、先輩に断りを入れたのでした。

先輩がお金を用意する方法を教えてくれたんですが・・

私が蓄えがない事を告げて断りを入れた一週間後、再び先輩から連絡があり、再度話がしたいということでした。

正直、もう自分の中では話が終わっていたので、あまり乗り気はしませんでしたが、ご飯を奢ってくれるということだったので、とりあえず先輩と会うことに。

そして先輩曰く「お金がないからといってチャンスを逃すのは本当にもったいない事だよ」といわれました。

まあ先輩も無理やり私にビジネスをやらせるという感じではなかったので、話も冷静に聞けたんですが、先輩は「お金が溜まるまで待っている時間さえももったいない。 だから直ぐにお金を用意する方法としてカードローンを使ってみたらどうか」と言ってきたのです。

ただ正直、カードローンを利用する事はあまり乗り気ではありませんでした。

あの時はそもそも、大学生の私に申請が通るはずがないと思っていましたから。

半信半疑でスマホから大手消費者金融へ申込手続きをしてみると・・

ただ、先輩の話を聞いた後、家に帰り自分なりにネットで色々とビジネスについて調べてみると、私と同じ大学生でも結構稼いでいる人がいて、中には大学を辞めて会社を立ち上げてる人もいました。

さすがにそんな景気のいい話なんて、自分に起こるわけないと思いながら、どこか毎日そわそわした気分で学校に通っていたのをよく覚えています。

やはり、どこかで先輩に紹介されたビジネスを始めたいという気持ちがあったんだと思います。

そして、色々と考え抜いた結果、テレビCMでもよく見ていた大手消費者金融の審査に挑戦してみることにしたのです!

用意した資料は身分証明書である免許証だけです。 それと携帯電話を持参しました。

スマホから公式サイトへ行き、申し込みフォームに必要事項を入れるだけで本当にお金が借りれるのかと、不安もありましたが、フォームには嘘を書かず正直に書け!と先輩からの助言通り、正直に必要事項を記入して審査に申し込みました。

ちなみにフォームに書く内容ですが、主に職業や年齢等はもちろん、収入の有無や現在、他社からの借り入れはあるのかという事くらいです。

当時私はアルバイトをしていたので、収入はそのアルバイトで月5万円~10万円ぐらいと正直に記入し、同時にアルバイト先の連絡先も記入しなけばいけませんでした。

やはり、ちゃんと私が在籍をしているか確認が必要なようです。

後日、バイト先に連絡が行きましたが、当然、消費者金融である事は伝えずに○○さんはいらっしゃいますかといった感じで、あくまで個人で電話が来るので、バイト先でも怪しまれずに済みました。

まあ気になる方は、バイト先に「クレジットカードを作ったんで、カード会社から電話があるかもしれません」とかテキトーに一言話しておくといいかもしれません。

結局私の場合は、まだ勤務時間外だったので、別のスタッフが出たようですが、所在確認は無事に終わったようです。

そして、割と早い時間で申請が通った旨の連絡がありました!

その時脳裏に浮かんだのは、まず嬉しいというより、学生で、しかもアルバイトしか収入がない自分でもカードローンって利用できるんだ・・という驚きでした。

融資を頂いた後は当然、返済が待っている

融資の額は30万円でした。

目標の35万には届きませんでしたが、それでも十分な額でした。

そして1ヶ月バイトを精力的にこなしたおかげで、ビジネスに必要な資金を貯めることができ、無事始める事ができました!

ただ勿論、最初からうまくいくわけではないので、3ヶ月位は5万も稼ぐことができれば万々歳といった感じでした。

結局、1年ほどやって20万くらい月に稼げるようになったのですが、その後ミスが起こってしまい、一気に4万までダウン。。。やっぱり世の中そんなに甘くありませんでしたね(^_^;)

一方、消費者金融から借りたお金は、当然、貰ったわけではないので返済する必要がありました。

毎月、決められた最低金額を返済しないと遅延の罰則がつくので、そこだけは厳守して頑張りました。

まあ結果的にプラマイゼロ位でしたけど、何とか消費者金融への返済も無事に終わることができましたし、ビジネスはそんなに甘くないということもわかり、勉強になった大学生活のある1年でした。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ