水商売でカードローンの審査に通るかどうか不安な方へ

様々な職業の方がカードローンの審査に挑戦すると思うんですが、いちばん審査に通るかどうか不安な職業といえば、水商売の方ではないでしょうか?

水商売と言っても、その業種は多岐にわたります。

例えばスナックやキャバクラなど、本当にお酒を飲むところで仕事をしている方から、いわゆる性産業に携わっている方、具体的にはヘルスやハードなところで行けばソープ嬢など・・・

これらは正確に言えば水商売ではなく「風俗嬢」ではあるんですが、いくらカードローンでも、職業欄に風俗嬢なんて書くバカはいませんよね!?

だから多分、風俗で働いている殆どの方は、職業欄には水商売って書くんじゃないでしょうか。

そこで、審査に不安な職業ともいえる、水商売の方がカードローンの審査に合格するためにはどういった戦略が必要なのか、この辺を解説していきたいと思います。

お店との協力は必須!?

ヘルスでもキャバクラでも、基本的にカードローンの審査に通るためには「在籍確認」という難関が待ち構えています。

在籍確認とはその名の通り、アナタがお店にちゃんと在籍しているかどうかを、カードローン業者が確認のために電話をすることです。

これは今あるカードローン業者のほとんどが実施していますので、まず避ける事ができません。

逆に言えば、この在籍確認の難関さえクリアできれば、例え水商売でもカードローンの審査に通る可能性は高いということです

ただ金融業者によっては、この在籍確認の電話を、できるだけ本人と繋がるように柔軟に設定してくれます。

例えばCMでもお馴染みの「アコム」なら、あらかじめ電話をかけてもらう時間を指定できるので、その時間に電話にでる準備をしておけば、アナタ本人が電話に出て在籍確認を終わらせることができます。

この辺は、銀行カードローンより消費者金融の方が柔軟に対応してくれるでしょう。

しかし、自分がお店の電話に出ることができない場合などもあると思います。

そういった場合は、あらかじめお店に怪しまれないような工夫が必要になってきますね。

特に、在籍確認は生年月日など、ある程度の個人情報が聞かれますので、できるだけ自分で対応したいところです。

そこでこういうのはどうでしょう?

あらかじめお店には「今日、クレジットカード発行の電話確認があるからよろしく~!」なんて言っておけば、もし電話がかかってきても、怪しまれずにアナタに代わってもらえると思います。

あと基本的な審査基準は、水商売だからといって特に不利になることはありません。今まで他のカードローンで何度も支払いを延滞したとかでなければ、審査に通る可能性は高いと思われます。

でも、やっぱり電話確認なしがいい!という方へ

やはり水商売という職業は世間からも何かと誤解されがちです。

まだキャバクラとかならいいかもしれませんが、やはり風俗嬢となると、世間の風当たりは強いというのは否めません。

そんな方の場合、やっぱり電話確認がないカードローン業者の方がいいに決まってますよね!?

そんな夢のような(笑)カードローン業者が「モビット」なんです(^^

モビットには「WEB完結」という審査の申し込み方法があって、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っている方で、自分の保険証を持っている方なら、電話確認なしでお金を借りることができます!

さらに、面倒な電話確認だけでなく、審査手続きも全てネット上で完結するので、かなり迅速にお金を借りることができます。

急にお金のピンチが来てもモビットなら、電話確認なしでキャッシングができるので、今、人気急上昇中なんです☆

これは他のカードローン業者にないモビットだけの特長なので、ぜひうまく活用してもらいたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ