各金融会社には独自のカードローンの審査基準があります

カードローンの審査に通るためにはまず相手のことを知ることが重要です。

相手を知ることで、少しでも自分にとって有利な借り方がないものか、それをとことんまで突き止めることも時には重要なのです。

基本的に、各業者にはそれぞれに「独自の審査基準」というのを設けています。

これがカードローンの審査を通すためのポイントになるのです!

まずしっかりと覚えておきたいのは「1社審査に落ちたくらいで諦めるな!」ということ。

例えば、プロミスの審査に落ちたとしても、アコムで受かることもあるということです。

それはたまたま「アナタにとって」プロミスの審査基準に適合しなかっただけのこと。逆に言えば、アコムの審査基準なら適合する可能性があるということもあり得るのです。

とはいっても、各カードローンの審査基準というには、当然こちらは知ることができないブラックボックス。だからどこの業者なら自分が審査に合格するかなんて、実際に申し込んでみないとわからないのです

だから1社や2社くらい落ちたからといって諦めではダメなんですね(^^

まあでも、やっぱりできれば一発でカードローンの審査に合格したい!と思っている方がほとんだと思います。

そこで、一般的によく言われている消費者金融と銀行カードローンの審査基準について解説してみたいと思います。

自分の今の借入状況によって違います

総量規制対象外の銀行カードローン

まず実際にカードローンでお金を借りる前に確認しなければならないのが「総量規制」の問題です。

総量規制というのは簡単に説明すると「年収の3分の1以上のお金は借りることができない!」という法律です。

これは主に消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など、いわゆる「貸金業法」の元に運営されているキャッシングサービスに当てはまりますので、よくテレビCMとかでみかける「モビット」や「アコム」などは総量規制に引っかかるということになります。

ですので、例えばアナタの年収が300万円で、100万の借金がある場合は、消費者金融では借りれない(汗)ということになります。

しかし!これには抜け道があるのです(^^v

この「総量規制」という法律はあくまでも「貸金業法」の元に運営されている金融業者に当てはまるもの。

しかしこの世の中には、貸金業法ではない法律の元で運営されているカードローン業者も存在するのです!

それが「銀行法」の元に運営されている銀行カードローンです。

銀行カードローンというのは、その名の通り銀行自らが運営しているカードローンです。銀行は「銀行法」という法律の元に運営されているので、総量規制の対象外になるんです!

だから先程の例で、総量規制に引っかかる消費者金融ではお金が借りれないパターンでも、銀行カードローンなら借りることができるというわけです。

じゃあ最初から銀行カードローンで借りればいいじゃない!と思うかもしれませんが、そんなに世の中甘くありません。

基本的に銀行カードローンというのは審査が厳しいということで有名です。

例えば三菱東京UFJ銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなど、大手都市銀行のカードローンはやはりそれなりのブランドがありますので、誰にでも貸すというわけではありません。

一方、消費者金融は、たしかに総量規制という問題がありますが、銀行カードローンよりはかなり審査基準は緩いと考えてもらって構いません。

しかも、審査申し込みから融資実行までのスピードが速いのが特徴ですので、急いでいる方は断然、消費者金融をおすすめします。

また、自分は総量規制に引っかかってしまうけど、銀行カードローンの審査に通る自信がない・・・という方は、今急成長のネット銀行が運営している銀行カードローン(例:オリックス銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、住信SBIネット銀行カードローン等)を利用するのがいいでしょう。

ただ、金利や限度額などの商品スペックは、大手都市銀行の銀行カードローンが最高クラスなので、実際借りることができれば、毎月の負担はかなりラクに返済できると思います。

まあ以上はあくまで一般的によく言われている話です。

実際は、消費者金融やネット銀行のカードローンで落ちて、みずほ銀行カードローンに受かった!なんて方もいらっしゃるので、やはり結論としては実際に審査を受けてみないとわからないということでしょうね(^^;

サブコンテンツ

このページの先頭へ