信用情報に登録されているクレヒスが良ければカードローンの審査に通る可能性は高い!

カードローンでお金を借りるためには審査が必要になりますが、一般的に審査項目で重要とされているのが「クレヒス」つまり「クレジット・ヒストリー」です。

クレジットヒストリー

クレヒスとはどういうものかといいますと、簡単にいえばクレジットカードの利用履歴のことです。

これは新しくクレジットカードを取得するときにも重要視されるものですが、要は毎月のクレジットカードの使用料をキチンと支払っているかというのを業者は確認するわけです。

これは前にも書いた「個人信用情報機関」で調べられることになり、多くの方がクレジットカードの使用料を引き落としにしているかと思いますが、それがキチンを毎月滞納なく行われているかを重要視するわけです。

もしここで滞納があったり、いわゆるカードが焦げ付いている状態ですと、まずカードローンの審査には通りません。

クレヒスは育てるという認識が必要

クレジットカードヒストリーは、主にカードローンの場合は使用料がキチンと支払われているかを重要視しますが、クレジットカードを新たに作る場合、カード会社は使用料の支払い以外にも、カードの利用頻度などを重要視します。

たとえ少額でもカードを頻繁に利用される方のクレヒスは、殆どカードを使わないクレヒスより優れているという考えがあります。

なので、例えばコンビニの買い物でもカード払いをして、なおかつ毎月キチンと引き落としされているような方のクレヒスは結構優れているといってもいいでしょう。

そんな方が急にお金が必要になってカードローンを利用したいと思ったとしても、キチンと働いていればまず審査に通ります。

クレヒスは一日、二日でできるものではないので、じっくり育てていくという視点が必要です。

過去に引き落としできなかったら・・・カードローンでは借りれない!?

カードローンの審査にクレヒスが重要視されるといっても、クレジットカードの新規発行ほどではありません。

そもそも全ての人がクレジットカードを持っているわけではないので、クレカを所有していない人は当然、クレヒスも何もありませんからね(^^;

ただ、過去にクレジットカードの使用料が口座で引き落とされなかった!なんて方は意外と多いんじゃないでしょうか?

かく言う私も結構経験あったりします(汗)

実際には引き落としされる口座にお金を入れるのを忘れたというパターンが多いように思いますが、実際に催促のハガキが来るまで気づかない方が殆どだと思います。

そんな方は当然、クレヒスに傷がつくということになるんですが、カードローンの審査においてはさほど気にすることではありません。

2,3回の引き落とし忘れなんて結構よくあることですし、その後、キチンと支払っているならそんなに問題になることはないでしょう。

実際、携帯電話のローンでも結構このクレヒスが審査に重要な影響を与えるといわれていますが、私事ですが、一度もローンの審査で引っかかったことはありません

過去何度もカードの引き落としができない経験をしているにもかかわらず、です。

なので、クレヒスはあくまでも審査項目の一部と捉え、それよりも職業や収入、他社からの借入など総合的に判断されるので、何よりカードローンの審査の場合はとにかくまず申し込んでみることが重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ