カードローンの審査に通るためには

カードローンとはいうまでもなくサラ金のことでもあります。

世間一般の考え方では、カードローンなどに手を出してしまった日にゃ、もう人生の終わり・・・なんて思われてしまいそうですが、キチンと返済すれば、間違いなくお金のピンチを救ってくれるものです。

カードローンで借りる

ただこのカードローン、誰でも簡単に借りれるというわけではありません。

キャッシング業者側としては、借りる人の年齢はもちろん、職業から勤続年数、年収、家族構成や過去の借金など、ありとあらゆる角度からその人の属性を判断し、融資をするかどうかを決定します。

だから、収入がいい職業についているから大丈夫!なんていう単純な問題はないのです。

現に、サラリーマンよりも一般的に年収が多いといわれている自営業なんかは、あきらかにサラリーマンより不利です。。

やはり一発の儲けより、安定して収入が継続している方のほうが、借りるときに有利なのです。

要は「信用力」が備わっているかどうかという視点で判断されますので。

じゃあカードローンの審査に通る方法というのはないの?

まあ100%確実という方法はないかもしれませんが、少なくともここを抑えておけば借りれる可能性が高くなるという方法は存在します。

基本はやっぱり収入!?

カードローンの審査基準は各金融業者によって「全然違う」ので、一社が落ちたからといって、他もすべてダメというわけではありません。

ただ、どの業者も審査の基準として、融資希望者の職業や所得、現在の借り入れ状況など基本的な項目はチェックします。

そうなると当然、収入が多い人はそれだけ審査に通る可能性が高いのは間違いないですが(先程書いた自営業は除く)、たとえ収入が低くても、借入できる可能性は十分にあります。

カードローンで借りる

例えば職業が安定している会社員の場合は、パートやアルバイト、派遣社員などよりも、カードローンの審査に通る可能性が高いです。

そこには収入の高低はあまり関係ありません。

また、カードローンの審査には「総量規制」が関係してきます。

総量規制とは簡単にいうと、年収の3分の1以上の借金はできないという法律です。

ただ、これには抜け道があって、銀行が展開しているカードローンは「対象外」になるんです!

だから既に他社から借入をしていて、新たにカードローンの審査を通したいと考えているなら、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを狙った方がいいです。

あと、クレジットカードをたくさん持っている人は審査に通るのが難しくなります。

クレカには通常のショッピング枠以外に「キャッシング枠」というものがあります。これを設定していると、キャッシングしていると同じこととみなされるので、総量規制に引っ掛かる可能性があるんです。

自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠が付いているかどうかを調べてから申し込んでもいいですが、それよりもできればカードを解約してから申し込んだ方が、カードローンの審査に通る確率は高くなると思います。

そして、ほぼカードローンの審査に通ると思われる条件として考えられるのが「不動産」の所有です。

といっても普通の人は不動産といってもなかなかお持ちでないと思いますが、要は自分が住んでいるところが持ち家かどうかで、審査結果が大きく変わってきます。

例えば、今自分が住んでいるところが分譲マンションや自己所有の一戸建てで、しかも住宅ローンがない状態なら、かなりの確率でカードローンの審査に通るでしょうね。

やはりいくら無担保ローンといわれるカードローンでも、担保になるような不動産があれば、それは大きなプラス査定になりますからね!

ちなみにこのような不動産をお持ちなら、比較的審査が厳しいといわれている銀行カードローンにいきなり挑戦してもいいでしょう。

たた、都市部にお住まいの方に多い賃貸物件で生活している方でも居住年数が長かったりすれば、自己所有までとはいきませんが、審査においてそれ相当のスコアリングがプラスされると思います。

要は、長く同じ賃貸物件に住んでいてればそれだけ有利になるということです。

でも不動産も安定した職業でもない、いわゆる「弱者」の人の場合は、できるだけ審査が厳しいところは避けて融資を勝ち取りたいところです。

基本的に審査の厳しいカードローンの順番としては

都市銀行カードローン>地方銀行カードローン>ネット&無店舗型銀行カードローン>大手信販系&消費者金融>中小消費者金融

大まかに分けるとこんな感じです(例外は多数アリ)。

ただ、中小の消費者金融は本当にピンキリですので、できれば審査に申し込むのは避けたいところです。未だに取り立てが怖い怪しい業者も多数存在しますから。。

最低でもテレビCMとかでよく見かけるような、大手消費者金融で借入できなければ、キッパリと諦めるという考えを持っていただきたいですね。

まとめ:確実にカードローンの審査に通る方法なんてないので、まずはチャレンジしてみること

ここまで色々書いてきましたが、正直、絶対審査に通るコツとか裏技とかはありません(キッパリ)

ただこうやって書いてしまうと身も蓋もないと思われるかもしれませんが、逆に考えれば

『誰もがカードローンの審査に通る可能性がある』とも言えます。

ただ以下のような方は審査に挑戦してみても落ちる可能性があります。

  1. もう何回も借金を延滞している、または今現在も延滞中で返していない方
  2. 借入件数が既に5社以上で返済もままならない方
  3. 過去何度もカードローンの審査に落ちている方
  4. 最近働きだして、まだ勤続年数はおろか、最初の給料も貰っていない方
  5. 現在、債務整理中の方

このような方は正直、相当審査に柔軟な対応を見せてくれる怪しいキャッシング業者しか相手にされませんので、後々トラブルに発展して後悔する前に借入は断念した方がいいです。

結局、業者側はキチンと返済能力のある人しかお金を貸したくないわけですから、上記のような、ぶっちゃけブラックな状態の方には借入をお断りするのは、いわば当たり前のことです。

しかし、だからといって安易な気持ちで、街の電信柱に貼ってあるような闇金に手を出すなんてことは絶対に止めてください。

それだけは本当に取り返しの付かないことになりますので。。

一方、上記に書いたような厳しい状況じゃない方の場合、審査に通る可能性というのはゼロじゃないので、積極的に挑戦していくべきです。

なぜなら、前にも説明した「カードローンの審査基準というのは業者によってそれぞれ違う」というのと、そもそも審査基準というのは落ちた人はもちろん、受かった人にも開示されないからです。

だから、どれが審査に通った審査項目だったのか、どれが落ちた原因だったのかはブラックボックスの中、というわけです。

もう少し具体例を挙げて解説してみると・・

審査に通った理由
雇用形態が正社員で安定した収入が見込めるから
クレジットカードの返済がキチンと滞りなくされていると個人信用機関で確認できたから
10秒診断などの仮審査で借入可能と判断された後、本審査に進んだたから

 

審査に落ちた理由
雇用形態がアルバイトで収入が不安定だから
申し込みフォームの記入間違いで連絡先が繋がらないから
収入や過去の借入状況の項目欄に『嘘』が書かれていたから

このような理由で審査の合否が決められることがありますが、これはあくまでも一例ですし「例外」も多々ありますので、まずは今のあなたの状況に合ったカードローン業者を選んで、一つ審査を受けてみてください。

そうすれば、結局カードローンの審査に通る方法なんてのは実際はなく、意外と自分の気持ち次第でどうにかなる!というのがわかると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ